合間に覚える英会話

子供用オンライン英会話「リップルキッズパーク」を利用してみて

出典:リップルキッズパーク

子ども用オンライン英会話スクール、「リップルキッズパーク」を実際に娘(4歳)と体験しましたので、レポートします。あくまでも個人的な感想につき、事実と異なる部分もあるかもしれませんが、どうぞご了承ください。

リップルキッズパークへ

リップルキッズパークのについての感想

  • 講師はノンネイティブ(フィリピン)
  • 料金がリーズナブル
  • 工夫されたサービスの数々
  • レッスン中はサポートが必要(小さい子の場合)

リップルキッズパークがおすすめの方

以下があてはまるような場合は、とてもおすすめのスクールです。

  • レッスン料金はできるだけ抑えたい
  • 講師は外国人を希望
  • 家族2人以上でオンライン英会話をはじめたい

項目別に見ていきましょう。

講師について

20210421 1
※写真はイメージです

フィリピン人講師を採用

リップルキッズパークの講師はフィリピン人です。私は娘の英会話の講師として外国人を希望しています。さらに私自身の経験上、発音の良さや親しみやすさからフィリピン人が最有力候補でしたので、条件的にぴったりでした。

しかしもしもあなたが日本人講師かネイティブ講師を希望されている場合は、残念ながらリップルキッズパークは該当しません。レッスン料金は高めになりますが、日本人講師を採用しているオンライン英会話スクールもありますので、そちらを検討されたほうが良いでしょう。

笑顔とジェスチャーに溢れた先生

実際に娘を担当してくれたのは、若い女性の講師した。終始笑顔で、おおげさなジェスチャーで子供を喜ばせてくれようとしてくれました。娘もとても楽しかったようで、さらに英語への関心が高まったと感じています。

レッスン中はほぼ英語で会話

担当してくれた講師は「日本語可」となっていましたが、実際にレッスン内で日本語が使われることはありませんでした。英語での質問が分からないせいか、質問と答えが噛み合っていないことも多々ありました。お子さんが小さい場合は、先生の言ってることがわからないことで退屈になり、レッスン自体がいやになる可能性もあるので、レッスン中は横で付き添い様子を見てあげる必要はあるかと思います。

日本語でのサポートはなし

先生があえて日本語で説明をしなかったのか、日本語で説明することが難しかったのか、どちらかは分かりませんが、レッスン中に日本語でサポートされるという期待はできないと思います。

ただ私自身はこれを悪くはとらえていません。会話がつまったときはすぐに日本語でサポート、それで英語が話せるようになるのかという疑問があるからです。噛み合っていない部分はあったもの、最後まで英語のみでレッスンを終え、「楽しかった」と娘は言っていましたので、良かったと考えています。

子供用の英会話講師は、日本人・外国人どちらもメリット・デメリットがあり、どちらが良いのかは、人それぞれ。下記の記事で講師の国籍によるメリット・デメリットなどを書きましたので、併せてご覧ください。

工夫されたサービス内容

家族間でアカウントのシェアが可能

一般的にオンライン英会話スクールは、1アカウントにつき1人しか利用できません。もしも家族内で2人が受ける場合でも、アカウントは2つ必要になります。しかしリップルキッズパークでは、親子でも子供どうしでも家族内でアカウントをシェアすることができます。

これによりアカウントの管理が楽になるだけでなく、レッスン料金がよりリーズナブルになります。受講頻度の多いコースを選びシェアするほうが1回あたりのレッスン料金は安くなるからです。家族内で2人以上でオンライン英会話をお考えの方にはとてもありがたいシステムですね。

ランク制度で既存ユーザーを優遇

オンライン英会話においては、「良い先生は予約がしづらい」という不満の声をよく耳にします。私自身のオンライン英会話では、人気の講師が取りづらいというのは全く気にしていませんが、子供の講師には良い先生にお願いしたいという思いがあります。子供が英会話を続けるために、レッスンが「楽しい」かはとても重要で、それは講師にかかっていると考えているからです。

人気講師が予約しづらいという不満に応えるべく、リップルキッズパークでは、在籍期間と受講回数によるランク制度というものを設けています。ランクが上がるほど、講師のスケジュール公開が早くなり優先して予約できるようになるという仕組みです。

詳しくは公式サイトの「会員ランク制度について」で説明されています。

チケット制で追加のレッスンが可能

またリップルキッズパークにはチケット制も導入されています。チケットにより、契約コースの回数以上にレッスンをうけたり、当日4時間を切ったレッスンをよりリーズナブルに受けたりすることができます。集中で受けたい場合や、レッスンをよりリーズナブルに受けたい場合などに便利なシステムですね。

詳しくは公式サイトの「チケット制について」で説明されています。

レッスン料金

リップルキッズパークのレッスン料金は、2021年5月時点で下記のようになっています。

週1回コース 3,122円/月
週2回コース 4,888円/月
週3回コース 6,722円/月
週4回コース 8,352円/月
週5回コース 9,953円/月

仮に週2回コースの場合、1回のレッスンは570円程度になります。ノンネイティブの講師を採用している子供用のオンライン英会話スクールとしては、一般的な料金設定と思います。

家族でシェアすればよりお得に

もしも家族内の2人が週2回レッスンをうける場合は、週4回コースを選べば、1回のレッスンは487円程度になり、週5回のレッスンにすれば、464円程度になります。

レッスンの予約

オンライン英会話においては、レッスンの予約に関することは重要です。リップルキッズパークについては、サイトで予約する仕組みになっています。

予約のとりやすさ

講師の在籍数は多いようで、当日でも100人以上の講師が予約可能になっていました。ただ「4〜6歳からの支持」を条件にすると3人になりました。

予約システムの使い勝手

特に問題なく使えるのですが、デザイン的に古く使い勝手はやや落ちます。検索一覧では講師の写真しか分からない点など、改善してほしい点は感じました。

レッスン用アプリケーション

ZoomかSkypeから選択可能

レッスン用アプリケーションとしては、レッスンごとにZoomかSkypeから選択できるようになっています。専用アプリケーションよりも、使い勝手は下がるのは否めません。しかしその分レッスン料金がリーズナブルに抑えられているのと、講師の方もZoomやSkypeでのレッスンに慣れているので、特に問題はありません。

レッスン用アプリケーションの違いについては、下記の記事でも詳しく説明しています。

おわりに

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

今回は子供用オンライン英会話スクール「リップルキッズパーク」を利用して思ったことをまとめました。リップルキッズパークは、サービスを工夫してよりユーザーが便利に使えるようにしているところが好印象でした。システムが複雑になることは、人件費やシステム開発費において運営の負担になるのですが、それ以上に満足度を重視しているスクールの姿勢を感じます。

また2016年にオンライン英会話の老舗「レアジョブ」との合併が発表されており、安定性が増したことは利用者にとってもメリットです。

もしお子さんのスクールに興味を持たれたら、無料体験レッスン(2回)で是非お試しください。


よかったらシェアお願いします

カテゴリ

このブログを書いている人
ノエル博士

WEBデザイナー・デベロッパー。2000年にWEB業界に転身後、2008年フリーランスに転向。ビジュアルデザイン、UI/UX、フロントエンド、バックエンドの全てを一人で担当。大小含め数百のWEBサイトの制作に関わる。

2011年オンライン英会話を中心に英会話の勉強を始動。それ以降、週4〜5回のオンライン英会話と、週一回のネイティブとのレッスン、ポッドキャストによる勉強を継続中。2014年アメリカ、2015年イギリスに渡り自身の英語力を試す。

ノエル博士

絶対にハズレなし!オンライン英会話スクール
BEST4

DMM英会話

全ての項目で最高水準の業界最大手のスクール

価格、講師の質や国籍、教材の充実度、サイトの使いやすさなど、あらゆる面で業界最高水準を誇るもっとも勢いのあるスクール。入門者からビジネス英会話まであらゆるニーズに対応可能。

詳しくみる

価格満足度No1

レアジョブ

「オンライン英会話といえばレアジョブ」

2007年創設以来オンライン英会話の草分け的存在のスクール。民間調査会社による調査においても顧客満足度No.1を獲得している。規模・料金・サービス・質全てにおいて最高水準を期待できる。

詳しくみる

NativeCamp

回数制限のない「今すぐレッスン」が魅力のスクール

55カ国以上のネイティブ・非ネイティブの講師が在籍。待機中の講師と予約・回数制限なしにレッスンを受けられるシステムやファミリーで受講すると大幅にお得になるプランなどが用意されている。

詳しくみる

Cambly

予約なしで24時間いつでもネイティブ講師と英会話を

65,000人以上のネイティブ講師を抱えるサンフランシスコ発の最新のオンライン英会話。1日15分から細かく設定できるレッスン料金プラン、予約なしで24時間いつでもすぐに受講できるシステムや、録画・翻訳の2つの機能で英会話レッスンを無理なく続けられる仕組みが用意されている。

詳しくみる